サルサダンス

サルサに年齢は関係ない!

更新日:

1.サルサに年齢制限はない!

華やかなイメージが強いサルサですが、じつは年齢制限はありません。つまり、年齢によるタイムリミットを気にすることなく、いつまでもサルサを楽しむことができるのです。

これって、とても大きな魅力だと思いませんか?

ダンスやスポーツによっては、年齢制限があるものもあります。年齢制限がある場合、そのダンスやスポーツが大好きでどんなに一生懸命取り組んでいたとしても、ある年齢になれば引退をしなくてはいけなくなります。もちろん、その後に指導者としてそのダンスやスポーツとの関わりを持ち続けることもできますが、年齢制限のないサルサなら、生涯現役で楽しむことができます。

そのため、女性はいつまでも男性パートナーと踊るドキドキ感を楽しむことができますし、男性はいつまでも女性をエスコートする紳士な気持ちを忘れずにすむのです。

サルサをやっている人は、実年齢より若く見られることが多いですが、その理由をなんとなく感じていただけたのではないでしょうか?

2.老若男女すべての人が楽しめるダンスです

サルサは、老若男女問わず、すべての人が楽しめるダンスです。

「もう年だから、激しいビートに合わせて踊るなんて難しそう」なんて心配しなくて大丈夫です!また、YouTubeなどの動画サイトには、国内外問わず素晴らしいサルサを踊る男女の動画がたくさんアップされていますが、それらを観て「自分は運動神経が悪いから、あんな動きは絶対にムリ…!」とやる前から諦めることもありません。

サルサには、大きく分けると①ロサンゼルスで生まれたLAスタイル、②ニューヨークで生まれたNYスタイル、③キューバで生まれたキューバンスタイルの3つに分けることができますが、そのなかでも①のLAスタイルはサルサ初心者にも踊りやすい、と評判です。

サルサのLAスタイルは、曲のフレーズとメロディの親和性が高いです。また、男性はカウント1で左足を前に出し、カウント5で右足を後ろに引き、女性はカウント1で右足を後ろに引き、カウント5で左足を前に出す、という踊り方なので、パートナーと息を合わせやすいのです。

踊ってみるとわかることなのですが、ゼェゼェ、ハァハァと息が切れるような動きでは決してないため、ご年配の方でも楽しみながらダンスすることができます。

サルサのLAスタイルは世界中に老若男女問わず愛好家が多いため、海外に行くと思わぬところでサルサ好きと出会ったり、サルサの音楽がかかっている場所を訪れば、ぽっちゃりした中年男性が目を奪われるほどの絶世の美女と一緒に踊ったりする…なんてチャンスがあるかもしれませんよ。(もちろん、これはサルサがかなり上達すれば、の話ですが)

サルサを習うことで、海外旅行に行く楽しみが増えるなんてことも、ワクワクするポイントのひとつだといえるでしょう。

3.サルサは世界中の老若男女に愛されている

サルサは、その歴史がまだ50年ちょっとであり、他の人気なダンスの歴史と比べると圧倒的に短いにもかかわらず、世界中の老若男女に広く愛されています。

筆者は仕事でよくハワイを訪れるのですが、仕事の合間にどこのスポーツクラブに行っても、たいていサルサのクラスがあります。そして、チラッと覗くと小麦色の肌をした健康そうなご年配の男女が、さも楽しそうに踊っているのです。

「ハワイといえば、フラ(ダンス)なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ハワイ由来の踊りであるフラのクラスに負けないくらいの熱気が、サルサのクラスにはありました。

もちろん、サルサは筆者が訪れたハワイだけでなく、本場であるニューヨークやロサンゼルス、そしてキューバをはじめ、世界中で人気があります。

幅広い年齢層の人々が、自分のペースでサルサを楽しんでいるのです。

4.まとめ

年齢制限がなく、老若男女問わず楽しめるサルサ。

ゆったりと楽しみながら踊ることを大切にしている方もいれば、コンペティション(競技会)の出場を目指すアグレッシブな方もいます。

また、コンペティションに出場するというほどではなくても、日本各地で開催されているイベントで、サルサ愛好家同士の交流を楽しむ、ということもできます。

若い方は世界での活躍を夢見て、あるいはサルサでの国際交流を目的に始めるのも良いでしょう。ご年配の方は、身体のコンディションを整えるだけでなく、異性のパートナーとラテンの明るい音楽に合わせて踊ることで脳を活性化させることを目的にしても良いでしょう。

家でゴロゴロしている家族がいたら、「一緒にサルサやってみようよ!」と声をかけてみるのもアリかもしれません。

サルサを始めてみれば、年齢関係なくそこには新しい世界が広がっています。ラテンの明るい音楽は、人生までもハッピーにしてしまう力があるのかもしれません。

-サルサダンス

Copyright© サルサビト , 2020 All Rights Reserved.