サルサダンス

Youtubeで見られるおススメのバチャータダンサー

更新日:

今回はYoutubeで見られる海外のダンサーを紹介したいと思います。3組のバチャータのダンサーです。

サルサが「元気」「テンポが速い」というイメージなのに対し、バチャータは「セクシー」なダンスです。

再生数の多いダンサーたちなので、一度見たらきっと心を掴まれると思います。

1)Ataca y La Alemana

Ataca Jorgia(本名Jorge Burgos)

プエルトリコ生まれでアメリカに移住しています。もともとベースボールをやっていたようですが、ナイトクラブでNYサルサに出会い、ダンスに熱中します。

La Alemana(本名Tanja Kensinger)

ドイツ生まれでアメリカに移住しています。La Alemanaという芸名はスペイン語の「Alemania(ドイツ)」から取ったようです。小さい頃からダンス好きだった彼女は、ラテンの他にも社交ダンス、ジャズ、バレエ、ロックンロール、スウィングにも親しんだようです。

今は2人ともアメリカのフロリダを拠点に国際的に活躍しています。インストラクターとしては、Island Touch Dance Academyの代表者として、バチャータを教える活動をしています。日本にもそのグループがあります。AtacaのスムースなリードとLa Alemaniaの存在感が際立ち、踊り終わった後のちょっとお茶目な感じが見ていて楽しくなります。

2)Daniel y Desirée

Daniel SánchezとDesirée Guidonet

スペイン、セビリャのプロダンサーです。ザ・スペイン人という容姿の優れた2人です。2012年と2013年に続けてバチャータの世界チャンピオンに輝いています。Desiréeは13歳の頃からサルサダンサーとして活動していたようです。世界中で指導をしていて、日本でもワークショップを行っています。2人の間には2018年に女の子が生まれています。Instagramで家族写真をチェックすることが出来ます。

2人ともとてもセクシーでかっこよく、絵になります。特にDesiréeはからだがとても柔らかく、からだの柔らかさを生かした踊りがとても素敵です。時に「こんな動きも出来るんだ!」とびっくりさせられるダンサーでもあります。

3)Cornel&Rithika

Cornel Rodrigues

インドのプロダンサーです。幼い頃からダンス好きで、ラテンの他、ヒップホップ、コンテンポラリー、モダンも踊るようです。インドではDance India Danceというテレビ番組に出演して、人気が出ました。今では、ムンバイにあるDance Space by Cornel Rodriguesというダンススタジオでバチャータを教えながら、インド映画の振付も行っているようです。

Rithika Poojary

2014年からCornelとペアを組んでバチャータを踊っています。

インドのバチャータ・センシュアルの第一人者のペアです。色々な都市でワークショップを行っていて、最近人気がうなぎ上りです。わたしが学生時代、友人にインドのダンスが凄いといって見せられたことがありました。インド映画ではダンスがとても重要なようですね。そういった環境からラテンダンスでも突出したペアが出てきたのかなと思います。このペアはしっとりしたセクシーな動きが特徴です。

まとめ

バチャータの人気ダンサーたちをご紹介してきました。それぞれ国が違うダンサー達で、違った魅力があります。Youtubeで見るダンサーたちの真似はとても出来ませんが、素敵だな~すごいな~と思って見ているとバチャータが好きになると思います。

わたしの感覚では、サルサよりもバチャータの方が、テンポが遅いので踊りやすいです。ですが、身体の動きをなめらかにする必要があるし、より神経を使うので、奥深いなと感じます。バチャータを踊り始めた時は、身体が思うように動かない…というジレンマに陥りました(笑)

今回この記事を書くにあたって動画を見返して気付きましたが、人気のあるダンサーは、踊っている最中の笑顔がとても素敵でした。ぜひ表情にもご注目くださいね。

(ライター Haru)

-サルサダンス

Copyright© サルサビト , 2020 All Rights Reserved.