プロフィール

はじめまして、管理人のホセです。東京都在住、40代男性です。

サルサダンスと出会うまでの自分は、

極度の人見知りで、女性と面と向かって話すことができず、仕事では飲めない酒を飲んで営業して、

会社の付き合いだけで友達もできず、家と会社を往復する毎日を送っていました。

そんな生活が、サルサダンスと出会い、少し輝くようになりました。  まさか自分が、夜の六本木に行くことになろうとは!

想像してください。

あなたが、ラテン美女とサルサダンスを踊っている姿を!

サルサダンスとの出会い

新入社員のダイがサルサというダンスを踊っていると聞いて、声をかけてみた。

定時で会社を上がり、サルサを踊りに行っているというダイは、

もう15年も同じ会社で働いている私の前でこう言ったのだ。

『この会社の人って、ツマラナイですね。』

『仕事ばっかりで、自分の趣味に打ち込んでいる人がいないですよ。』

 

アラフォーになって、仕事は適当にこなし、夜は会社の人や客先と会食に行って、また翌日、会社に行く。

そんなことが、延々と繰り返されて15年経ち、

自分は何を残してきたのかと問われると答えに困るような、

そんな毎日に疑問を抱くようになっていた私は、部下を諭すよりも、妙に納得してしまった。

 

確かに、自分は何をやってきたのだろう。何を残してきたのだろう。

 

サルサクラブへ

さっそく、ダイに誘われて、サルサクラブへ行くことになった。

六本木のクラブというと、ホストや外国人がいて、怖いイメージがあったが、、、

まずは、どんな感じか下見をしてから、

エントランスのドアを開けると、何十組もの男女のペアが、所狭しとサルサを踊っていた。

すごいと、圧倒されるばかりで、ダイが友人を紹介してくれても、声も聞き取りにくく、

サルサの先生という方に、ステップを教えてもらいながら、前後にステップを踏んでみたが、

よくわからないまま時間が過ぎていった。

ドア1枚隔てるだけで、ここまでの非日常な世界があるなんて。

 

面白いとか、そんな感情もなく、ただ気になる存在としてサルサが頭に残っていた。

 

ダイに誘われるがまま、今度は、スタジオレッスンを受けることになった。

そこでは、基本的なステップ、まず、左足を後ろに下げる、ニューヨークOn2というスタイルを習うことになった。

 

まずは、ベーシック。

前後に歩くだけなのだが、実はこれが非常に重要なサルサの基本で、後にこの奥深さを知ったのだが、

当時は本当に、ただ前後に歩いていた。

次は、クロスボディーリード。

続いて、ライトターン。

そして、オープンブレイク。

これらの基本的な動きに、様々な技を組み合わせて踊るのがサルサダンスだ。

 

毎週のスタジオレッスンは、楽しく過ぎていった。

サルサの基本的なことはこのときに習ったように思う。

 

そして、ついて、ソーシャルデビューを果たすことになる。

サルサ業界では、ソーシャルというとサルサクラブで普通に踊ることをいい、パフォ(パフォーマンスの略)というと公衆の面前でサルサダンスを披露するパフォーマンスをいう。

 

サルサの3つの壁

サルサのソーシャルデビューには、3つの壁がある。

この3つだ。

  • 音の壁
  • 壁の花
  • 時間の壁

音の壁

サルサダンスは、どのダンスもそうなのだが、音楽に合わせてステップを踏んで踊る。

なので、リズムが聞き取れないと踊ることができない。

サルサ音楽は、8拍子。

ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、セブン、エイト

ニューヨークOn2の場合は、

ワンで左足を後ろに下げて、

ツーで右足を後ろに下げて、

スリーで左足を前へ出して、

フォーは、お休み

ファイブで右足を前へ出して、

シックスで左足を前へ出して、

セブンで右足を後ろに下げて、

エイトは、お休み

女性はこれと逆の動きになるため、向かい合って踊ると、ぶつからず踊ることができるわけだ。

この音が取れないと、うまく踊ることができない。

実際に、Youtubeでカウント入りのサルサ音楽があるので、練習用に聞いてみてほしい。

ホセの場合は、自分が間違っても、女性が教えてくれることが多かった。

初心者にとっては、すべての相手が自分より上手いので、裏返ったときやリズムが狂ったときは、相手に合わせるようにして、正確なステップに修正するのがいいだろう。

壁の花

地蔵になる。とも言うのだが、自分が下手で恥ずかしく女性を誘えない状態。

自分に自信がないので、女性を誘えず、、

ホセ自身も人見知りのため、これには時間がかかった。

ただ、少ない技でも一生懸命に相手と向き合えば、嫌な顔はしないはず。

実際に見たことがあるのだが、

 

初心者の男性が、某女性インストラクターを誘い、クロスボディリードとライトターンを繰り返していた。

それでも、その女性インストラクターはツマラナイ顔をせず、その男性とまっすぐ向きあい、楽しそうに踊っていたのでした。

男性が、自分のできることを一生懸命にやって踊ったときに、女性は嫌な顔はしないはず。

ぜひ勇気をもって誘ってみてほしい。

 

(人見知りのホセは、同じスタジオレッスンに通う女性によく踊ってもらっていた。)

 

時間の壁

サルサの曲は、1曲3分くらい。

この3分間 男性は女性をリードし続けることになる。

最初、技が少ないときは、時間が余って、何度も同じ技を繰り返すことになるが、

多くの難しい技よりも、少ない技をしっかりとマスターして繰り返したほうがいいと女性は思うようだ。

 

 

とあるパーティのとき、

自分にとって音が取りづらい曲がかかって

まったくリズムが取れず、相手の女性が愛想をつかして、

1曲まるごと、シャインで終わったことがあった。

自分が悪いのだが、これにはかなり傷ついた。もう二度とあの人とは踊るまいと思った。

 

また、あるときは、腕を極めてしまったことがあった。

女性には謝り、その技は封印した。

その日のテンションはガタ落ちで、早々に帰宅した。

 

毎週のスタジオレッスンには、通っていたが、ソーシャルでは、

あまりパッとしない日々が続いていた。

もともと、ダンス経験もなければ、リズム感もない、そんな自分が踊れるようになったら、おもろいやん。

と軽い気持ちで初めたサルサなので、そろそろ、ひと休みしてもいいかな。なんて思いはじめていた。

 

いっちー先生との出会い

そんなとき、とあるサルサクラブで、サブロクという技を繰り返すジーパンにTシャツ、ヒッピー風の男性が踊っていた。

明らかに他の人と動きが違い、くるくる回っている動きについ見とれていた。

周りの人に聞くと、通称いっちーマーリオと呼ばれるインストラクターの先生だそうだ。

いっちーさんとの出会いが今後のサルサ人生を変えることになろうとは、

このときは、全く想像していなかった。

 

踊り終わったいっちーさんに声をかけてみた。

『いっちーさんですか?』

『どうもどうも、はじめまして、いっちーと言います。』

インストラクターの先生なのに、腰の低い人だなー。というのが第一印象。

 

そして、最近の悩みを打ち明けた。

『実はいま、サルサをお休みしようと思っています。』

3つの壁にぶち当たって、停滞している自分の状況を伝えたところ、

『大丈夫ですよ。そんな人のために、インストラクターがいるのですから。私も同じような経験をしてきたので、自分が経験したよりも、最短距離でサルサを踊れるようになっていただくのが役目です。』

『毎週、曜日別にレッスンをやっていますので、ぜひいらっしゃってください。』

すごく丁寧にやさしく誘っていただいたことが嬉しくて、いっちー先生のレッスンに通うことになった。

 

 

いっちー先生のレッスンは、

丁寧すぎるくらい丁寧で、ひとつひとつの動作の意味まで教えてくれるので、

理屈から納得して覚えたい人にもちょうどいい。

例えば、ステップで足先を向ける方向についても、次の動作がやりやすいようにこっちを向けているのですよ。といった具合。

 

そして、いっちー先生が一番大事にしているのがベーシック。

ベーシックが基本で、上半身で行ういろんな手技は、その延長にすぎない。

いままで前後に歩くだけのベーシックだったのが、ぜんぜん違う体の使い方だったようだ。

 

レッスンが終わったあと、何を食べても美味しい近所の居酒屋で一杯飲んで、

サルサの疑問など話ができるのもいっちー先生のいいところだ。

 

そんなわけで、私といっちー先生のサルサダンスの旅が始まったのだが、その後、一緒にニューヨークに行ったりと、

いろいろな経験を重ねていくことになる。

 

続きはこちらから。

https://salsabito.com/salsa/new-york2/

 

 

更新日:

Copyright© サルサビト , 2020 All Rights Reserved.