レッスン

サルサレッスンの選び方

更新日:

さあこれからサルサダンスを始めようと思うけど、どこで習えばいいの?

サルサレッスン、サルサ教室、サルササークル、サルサスクール、ジムのサルサプログラムなど、いろいろありますが、

どんなレッスンを受ければいいとお悩みの方へ。

サルサレッスンの選び方をご紹介します。

まず、サルサダンスは、ズンバのように近所のジムで習うというよりは、

サルサのインストラクター(先生)に付いて習うというのが一般的です。

もちろん、サルササークルを作って、そこに先生を呼ぶというやり方もありますが、

インストラクターは、それぞれ自分のクラスを開催しているので、そこに行って習うようにしましょう。

サルサレッスンのオープンクラスとクローズドクラス

サルサレッスンには大きく分けて、オープンクラスとクローズドクラスがあります。

それぞれの特徴は、

オープンクラス

  • いつでもだれでも参加できる
  • 都度支払い
  • サルサイベントとセットになっていることが多い

クローズドクラス

  • 参加者募集のタイミングで申し込む、定員に達したら締め切り
  • 期間は、4か月間が多い
  • 支払いは月謝制
  • スタジオレッスンが多い

基本的には、どの先生もオープンクラスとクローズドクラスを両方開催しているので、

まずは、オープンクラスに参加して、自分に合っていると思ったら、クローズドクラスに申し込むのがいいでしょう。

その他、個人レッスン(プライベートレッスン)や子供向けレッスンなどもあります。

サルサレッスンの場所と時間

サルサレッスンの場所と時間は、さまざま。

自分の参加できる場所と時間を選びましょう。

ダンススタジオでのレッスン

ダンススタジオを時間を借りて、レッスンが開催されているパターンです。

大きな鏡の前で、ダンスに適した床、明るい照明で、自分の踊る姿勢を見ながら、練習することができます。

時間を借りてのレッスンとなるので、昼でも夜でもレッスン開催時間はさまざま。

スタジオから借りている時間が終わればレッスン終了。

踊り足りなければ、近くのサルサバーに移動して踊るという行動パターンとなります。

サルサバーでのレッスン

サルサバーがオープンして、まだお客さんが少ない時間にレッスン開催。

だいたい夜7時か8時のレッスンとなることが多いです。

サルサバーですので、大きな鏡は無く、照明は暗めです。 *六本木PePe2は鏡はありますね。

レッスン終了後は、そのままサルサパーティとなりますので、

レッスンで習った技を復習する機会があります。

サルサダンス インストラクターの性別

同性のインストラクターに習った方がいいのか、それとも異性のインストラクターに習った方がいいのか。

同性のインストラクターの場合、自分と同じ道を辿ってきた訳なので、つまずく点や悩みが分かる。

異性のインストラクターの場合、相手がどう思うかが分かる。相手から見た感じ方やテンションの強弱が分かる。

できれば、男性と女性の両方からアドバイスを貰える環境がいいですが、

インストラクターの方は、リード(男性)もフォロー(女性)もできる人が多く、また、

異性のアシスタントがいらっしゃいますので、あまり心配しなくて大丈夫かと思います。

特に最初は、基本が大事ですので、基本のステップ(ベーシック)をしっかり教えてくれる方をおすすめします。

まとめ

まずは、オープンクラスに行ってみて、自分に合うかどうかを見てみるのがいいでしょう。

続くか続かないかは、レッスンに来ている人が自分と会うかどうか、

そのコミュニティが合うかどうかも意外と重要な気がしますね。

-レッスン

Copyright© サルサビト , 2020 All Rights Reserved.